視力とホルモンの関係

更年期の症状が起こるのは女性ホルモンの急激な減少が原因のひとつとして考えられます

女性ホルモンのエストロゲンには全身の皮膚に潤いを維持する働きもありますそのため血行不良になることで全身の症状を起こしてしまい機能的に問題が見られないために長引く症状に悩まされ続けることで生活の質を落としてしまうこともあります

実は皮膚だけではなく目の症状も更年期で起こることも珍しくありません具体的な目の症状は以下にあげます

思い当たるものがないか確認してみましょう目のかすみショボショボする視界がぼやける涙が減少しドライアイになる代表的な症状が複合的に起こることで眼精疲労がひどくなることもあります

以前よりも目の疲れを感じやすくなり他の更年期症状も伴うために倦怠感が残りやすくなります

眼精疲労を放置していると目だけの痛みや疲れではなくそれによって肩こり頭痛も引き起こしてしまうことがあるので更年期による症状にはそれに応じた対処を早めにする必要があります

加齢に伴って老眼を感じる時期でもありそのために視力低下やかすみ視界がぼやけるなどの症状が出ているのだと思い込む方も少なくないでしょう

確かに加齢に伴い眼球を支える筋肉も身体の筋肉と同じようにしなやかさを失って行くので若い頃よりも負荷がかかりやすくなり目の疲れを感じやすくなります全身の乾燥を感じることが多いのが更年期ですので涙の量も減少することになり目が乾き瞬きの回数が減ってしまいます

パソコンスマートフォンテレビを継続して続けることでさらに目の疲れを増長させてしまうので注意をしたいものですね一方眼精疲労に役立つサプリで補うのもおすすめです

目の健康に役立つビタミンAビタミンB群ビタミンCや青魚に含まれるDHAブルーベリールテインの摂取が効果的ですまた更年期から起こっている目の症状が起こっているため更年期の症状をやわらげるサプリを摂取することで改善も充分期待できます

具体的には更年期の症状は自律神経の乱れから引き起こすので乱れを正すために有益なロイヤルゼリープラセンタ大豆イソフラボンが配合されているサプリを選ぶのがおすすめですいずれの成分も自律神経を正すことホルモンの働きをよくする作用があるものですので継続して摂取することが大事です

目の様々な症状があるとメンタルにも悪影響がでてしまいふさぎ込んでしまったりやる気がでなかったりしてしまうとさらに悪循環に陥ってしまいます

できるだけ目の症状を改善するためにもサプリを活用することも一つの方法としておすすめします

脂肪とホルモンの関係

お腹周りが気になってきたり体重がどんどん増えたりしてダイエットに励む人はたくさんいると思います

しかしダイエットをしているのになかなか体脂肪が減らないという人はホルモンが関わっているかもしてません

ホルモンにはダイエットをサポートする働きがあったり邪魔するものもあるのでどのようなものがあるのか説明します

ダイエットの手助けをしてくれるホルモン体脂肪分解をしてくれるホルモンが存在します

一つ目はグルカゴンというホルモンですグルカゴンは中性脂肪の分解をしてくれる役目がありますグルカゴンは空腹時に中性脂肪の分解をしますよくご飯を食べる前に運動をするといいというのを聞くと思いますが理由はこのグルカゴンの働きによるものです空腹時に軽い運動を行うことで体脂肪の燃焼に効果があるのです空腹時が運動をすると効果がやすい最適なタイミングといえるのです

脂肪燃焼を抑制するホルモンダイエットの手助けをしてくれるホルモンとは逆に脂肪燃焼を抑制してしまうホルモンがインシュリンというものですインシュリンは食事をして血糖値が高くなったときに分泌されますインシュリンが急激または大量に分泌されると脂肪細胞に糖が送り込まれ脂肪が溜まり肥満の原因になってしまうのですインシュリンの分泌量を増やさないためには血糖値を急激に上昇させないことです血糖値を上昇させないためのコツを紹介しましょう一つ目はゆっくりと噛んで食べることです

大食いや早食いは血糖値をあげるので1回の食事で最低でも15分以上かけるといいようです一口30回は噛むようにしましょう二つ目は食べる順番に気をつけることです

1番最初はサラダなどの野菜を食べるようにしましょうきのこや海藻も含まれますその次に肉や魚の主菜そして最後にご飯やパンなどの炭水化物となります食べる順番を変えることで血糖値を急激に上昇させるのを防ぐことができますこのように肥満の原因やダイエットの効果にはいろいろなホルモンが関係しているのです

ただ漠然とダイエットに取り組むよりもどうすれば肥満にならないかまたはダイエットの効果をあげることができるのかを理解したうえでダイエットをする方が断然効率的です

サプリメントなどを試す前に自分の力で痩せることはできないか一度試してみてはいかがでしょうか。

不眠とホルモンの関係

睡眠時間が足りなかったり寝つきが悪かったりするとなんだかぼーっとしたりイライラしてしまったり

そんな経験は誰にでもありますね

でもなぜ睡眠不足になると心が乱れるのでしょうそれは睡眠中に分泌されるホルモンが不足するからです

睡眠中に分泌されるホルモンは一般的に成長ホルモンと呼ばれていますこのホルモンは思春期に特に分泌されて身長を伸ばすことにかかわる大事なホルモンです

成長にかかわるホルモンならば成長期を過ぎて中年になったら成長ホルモンは分泌しないのではそんな疑問がわいてきますね

でも成長ホルモンは生きている間は毎日の睡眠中に分泌されますなのでよい睡眠をとることが大事なのです

成長期に身長を伸ばす成長ホルモンですが成長期以降はどんな役割があるのでしょう

まずは精神的な安定です一番最初に述べたように不眠でイライラの理由はホルモン不足です

精神的な安定のほかに疲労の軽減の役割があることもわかっていますそのほかに生殖機能や免疫機能を正常に保つ役割もあります

さらに成長期には身長を伸ばす役割をしていただけあるので成長期以降は骨を強くする筋肉を強くするといった役割もあります

また新陳代謝を高める力と食欲を鈍らせて脂肪を分解する機能もあるので痩身やアンチエイジングとして美容業界からも注目されているそうです

いいことだらけの成長ホルモンできることなら分泌量を増やしたいですねではどうすればいいのでしょう

手っ取り速いのは質の良い睡眠をとることです人間の体内時計から22時から2時くらいの間に成長ホルモンの分泌がピークになるようです

しかし現代人は22時に就寝するのは難しいですね

ならば週末だけでも22時に寝るとか仕事の日でも最低24時前には寝る自分の睡眠について見直してみましょう

他にも運動をすることで成長ホルモンの分泌を促すことができます特に筋肉トレーニング等の無酸素運動では成長ホルモンの分泌が促進されるようです

トレーニングによって成長ホルモンが分泌されれば食欲の低下が期待されますなので特に運動不足の方やメタボ体形内臓脂肪を気にしている方には一石二鳥だと思います

また食生活も大事ですアルギニンというアミノ酸を摂取すると成長ホルモンが分泌されやすいというデータがあります

もちろんアルギニンばかり摂取するのではなく食生活の質をあげていくのも大事です

ですが食生活の改善は自分一人では少し難しいものそんな時は手軽なサプリなどを使って質をあげていくことも一つの手段だと思います

ストレスとホルモンの関係

現代人は何かとストレスをため込みやすい環境にあると言われています

仕事や人間関係育児などストレスの原因は人それぞれ

その状態が長く続くと心身のバランスにも悪影響を及ぼすため注意しなければなりません

ストレスを感知するとコルチゾールと呼ばれるホルモンが副腎皮質から放出されますストレスがたまると体内では様々な変化が起こってくるためそれに対抗するための手段としてコルチゾールが分泌され血糖値が下がりすぎないよう調整したり炎症を鎮めようとしてくれるのです

ただコルチゾールはストレス対策に役立つ反面免疫力を抑えてしまう一面もストレスが多いと風邪をひきやすくなるのもコルチゾールが増えたことでウイルスなどへの抵抗力が下がったからです

コルチゾールは肌にも深く関係しているホルモンでもあります皮脂の過剰分泌の原因になる男性ホルモンを増やしてしまうため毛穴ではアクネ菌が活性化しやすい状態になりニキビや肌荒れを引き起こしてしまいます

さらに肌を良好な状態で保つうえで重要なターンオーバーのサイクルも阻害するので肌の生まれ変わりがスムーズにできずくすみやシミを招くこともあるのです

コルチゾールはメンタルへの影響も大きくセロトニンの分泌低下も引き起こしますセロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる神経伝達物質のひとつでストレスや不安を感じると多く分泌されるノルアドレナリンの過剰分泌を抑え精神のバランスを保つ働きを担っています

セロトニンは特に午前中に多く分泌される性質があり午前中に作られたセロトニンは睡眠を促してくれるメラトニンの原料にもなります

ですがコルチゾールが増えるとセロトニンの分泌量は減ってしまうのでちょっとしたことでも不安やイライラを感じやすくなったり最悪のケースではうつ病に発展するケースも少なくありません

メラトニンの生成もスムーズにできなくなるため満足な睡眠もとれなくなるでしょうまたストレスはホルモンバランスの乱れも引き起こしPMSの症状を強めたり生理不順の原因になることもあります

ストレスにうまく対抗するにはセロトニンを増やすことがおすすめセロトニンは朝日を浴びるだけで分泌量を増やせるのでストレスを感じにくくなりコルチゾールの過剰分泌も抑えられるようになります

ホルモンバランスを整える効果のあるサプリを取り入れてみるのもよいでしょう

ホルモン治療について

1. ホルモン治療について

ホルモン治療とは

ホルモン治療とは人の身体に起こる様々な病気や症状に合わせたホルモン剤の投与やホルモン分泌の促進や抑止を目的とした薬剤を投与する治療方法ですこのホルモン治療では特定のホルモンを分泌している部位の切除やホルモン剤の投与によってガン細胞を殺してしまうのでは無くガン細胞の発育を阻止しコントロールを行う事を目的としておりますガンの治療としては乳ガン子宮ガン前立腺ガン甲状腺ガン腎ガン等が治療の対象となっております更にガン以外で対象となる症状としては特に女性に多いとされる更年期障害等もあり女性ホルモンの補充を目的と飲み薬貼り薬塗り薬の3種類が挙げられます

ホルモン治療で改善される悩み

身体の不調や病気等の悩みがこのホルモン治療を行う事でどの様に改善されて行くのでしょう先ず更年期障害等でお悩みの方の場合にはホットフラッシュと言われる症状の改善や動悸息切れ等に改善が見られますこれらの症状はホルモン治療を開始後数日で改善効果を実感する事が出来ると言われており特に自律神経失調に伴う症状に効果が期待できますやはり女性に多いと考えられる症状として皮膚粘膜やおりものの異常の改善や膣粘膜が委縮して起こる委縮性膣炎等の改善を図る事が出来ます更にその他の病気の予防にも効果が有りアルツハイマー病骨粗鬆症等の発症予防にも効果が有るとされております

ホルモン治療の副作用

費用ホルモン治療はホルモン剤等の薬剤投与が行われる治療方法ですので何らかの副作用等が起こる可能性が高いです勿論医師の診断等に元ずいた薬剤の投与になりますが事前にどの様な副作用の可能性が有るのかを把握しておき実際に起こる身体の変化には日頃から注意を払っておく事が大切ですホルモン治療を行った場合に考えられる副作用には次の様な物が考えられます女性に多い症状としてはホットフラッシュと言われる物で元来更年期障害の症状ですがホルモン治療を行っている際にも起こる症状ですホットフラッシュは顔や身体が突然カッと暑くなる症状で顔や身体から汗が噴き出す様に出たりします次に生殖器への症状です性器出血やおりもの等の分泌物の増加膣炎等を起こす場合が有ります次に女性に限らず男性でも起こりうる副作用としては血液系への副作用です投与されるホルモン剤に含まれる成分タモキシフェン等によって血液が固まり易くなり足の静脈等に血栓が出来たり出来てしまった血栓が肺に流れていき肺動脈塞栓症起こしたりする場合が有ります更に関節や筋肉への副作用や精神障害等の副作用を起こすケースも有りますとにかく体調の変化には充分に注意を払い気になる症状が有る場合には速やかに医師に相談する事が大切ですこれらのホルモン治療ですがその治療の内容により保険適応の場合と適応外の場合が有ります例えば更年期障害の改善や骨粗鬆症委縮性膣症等の治療を行う場合には保険の適応が認められており治療費や処方箋の費用を合わせても1万円程度が掛かりますが実費としてはその3割負担になりますので安い費用でホルモン治療を受けられます一方保険適応外の場合には医療機関によって変わってきますが初診料検査費用薬代を合わせて月額10万円前後の負担になってきます 

まとめ

ホルモン治療は身体の症状に合わせた薬剤投与が主体の治療になりますその様々な副作用が心配されます治療を開始される前には医師の診察を受け医師から治療方法や薬による副作用等に付いてきちんとした説明を受けご自身でも理解しておく事がとても重要です
これからの時代はホルモンマネジメントサプリでホルモン調整をする時代です。サプリなら気軽に生活に取り入れることができますし、通院の必要がありません。しかも、アンチエイジングなどの様々な効果が期待できます。
治療をする前にホルモンマネジメントサプリを試してみるのもおすすめですよ。