不眠とホルモンの関係

睡眠時間が足りなかったり寝つきが悪かったりするとなんだかぼーっとしたりイライラしてしまったり

そんな経験は誰にでもありますね

でもなぜ睡眠不足になると心が乱れるのでしょうそれは睡眠中に分泌されるホルモンが不足するからです

睡眠中に分泌されるホルモンは一般的に成長ホルモンと呼ばれていますこのホルモンは思春期に特に分泌されて身長を伸ばすことにかかわる大事なホルモンです

成長にかかわるホルモンならば成長期を過ぎて中年になったら成長ホルモンは分泌しないのではそんな疑問がわいてきますね

でも成長ホルモンは生きている間は毎日の睡眠中に分泌されますなのでよい睡眠をとることが大事なのです

成長期に身長を伸ばす成長ホルモンですが成長期以降はどんな役割があるのでしょう

まずは精神的な安定です一番最初に述べたように不眠でイライラの理由はホルモン不足です

精神的な安定のほかに疲労の軽減の役割があることもわかっていますそのほかに生殖機能や免疫機能を正常に保つ役割もあります

さらに成長期には身長を伸ばす役割をしていただけあるので成長期以降は骨を強くする筋肉を強くするといった役割もあります

また新陳代謝を高める力と食欲を鈍らせて脂肪を分解する機能もあるので痩身やアンチエイジングとして美容業界からも注目されているそうです

いいことだらけの成長ホルモンできることなら分泌量を増やしたいですねではどうすればいいのでしょう

手っ取り速いのは質の良い睡眠をとることです人間の体内時計から22時から2時くらいの間に成長ホルモンの分泌がピークになるようです

しかし現代人は22時に就寝するのは難しいですね

ならば週末だけでも22時に寝るとか仕事の日でも最低24時前には寝る自分の睡眠について見直してみましょう

他にも運動をすることで成長ホルモンの分泌を促すことができます特に筋肉トレーニング等の無酸素運動では成長ホルモンの分泌が促進されるようです

トレーニングによって成長ホルモンが分泌されれば食欲の低下が期待されますなので特に運動不足の方やメタボ体形内臓脂肪を気にしている方には一石二鳥だと思います

また食生活も大事ですアルギニンというアミノ酸を摂取すると成長ホルモンが分泌されやすいというデータがあります

もちろんアルギニンばかり摂取するのではなく食生活の質をあげていくのも大事です

ですが食生活の改善は自分一人では少し難しいものそんな時は手軽なサプリなどを使って質をあげていくことも一つの手段だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です