脂肪とホルモンの関係

お腹周りが気になってきたり体重がどんどん増えたりしてダイエットに励む人はたくさんいると思います

しかしダイエットをしているのになかなか体脂肪が減らないという人はホルモンが関わっているかもしてません

ホルモンにはダイエットをサポートする働きがあったり邪魔するものもあるのでどのようなものがあるのか説明します

ダイエットの手助けをしてくれるホルモン体脂肪分解をしてくれるホルモンが存在します

一つ目はグルカゴンというホルモンですグルカゴンは中性脂肪の分解をしてくれる役目がありますグルカゴンは空腹時に中性脂肪の分解をしますよくご飯を食べる前に運動をするといいというのを聞くと思いますが理由はこのグルカゴンの働きによるものです空腹時に軽い運動を行うことで体脂肪の燃焼に効果があるのです空腹時が運動をすると効果がやすい最適なタイミングといえるのです

脂肪燃焼を抑制するホルモンダイエットの手助けをしてくれるホルモンとは逆に脂肪燃焼を抑制してしまうホルモンがインシュリンというものですインシュリンは食事をして血糖値が高くなったときに分泌されますインシュリンが急激または大量に分泌されると脂肪細胞に糖が送り込まれ脂肪が溜まり肥満の原因になってしまうのですインシュリンの分泌量を増やさないためには血糖値を急激に上昇させないことです血糖値を上昇させないためのコツを紹介しましょう一つ目はゆっくりと噛んで食べることです

大食いや早食いは血糖値をあげるので1回の食事で最低でも15分以上かけるといいようです一口30回は噛むようにしましょう二つ目は食べる順番に気をつけることです

1番最初はサラダなどの野菜を食べるようにしましょうきのこや海藻も含まれますその次に肉や魚の主菜そして最後にご飯やパンなどの炭水化物となります食べる順番を変えることで血糖値を急激に上昇させるのを防ぐことができますこのように肥満の原因やダイエットの効果にはいろいろなホルモンが関係しているのです

ただ漠然とダイエットに取り組むよりもどうすれば肥満にならないかまたはダイエットの効果をあげることができるのかを理解したうえでダイエットをする方が断然効率的です

サプリメントなどを試す前に自分の力で痩せることはできないか一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です