ホルモン治療について

1. ホルモン治療について

ホルモン治療とは

ホルモン治療とは人の身体に起こる様々な病気や症状に合わせたホルモン剤の投与やホルモン分泌の促進や抑止を目的とした薬剤を投与する治療方法ですこのホルモン治療では特定のホルモンを分泌している部位の切除やホルモン剤の投与によってガン細胞を殺してしまうのでは無くガン細胞の発育を阻止しコントロールを行う事を目的としておりますガンの治療としては乳ガン子宮ガン前立腺ガン甲状腺ガン腎ガン等が治療の対象となっております更にガン以外で対象となる症状としては特に女性に多いとされる更年期障害等もあり女性ホルモンの補充を目的と飲み薬貼り薬塗り薬の3種類が挙げられます

ホルモン治療で改善される悩み

身体の不調や病気等の悩みがこのホルモン治療を行う事でどの様に改善されて行くのでしょう先ず更年期障害等でお悩みの方の場合にはホットフラッシュと言われる症状の改善や動悸息切れ等に改善が見られますこれらの症状はホルモン治療を開始後数日で改善効果を実感する事が出来ると言われており特に自律神経失調に伴う症状に効果が期待できますやはり女性に多いと考えられる症状として皮膚粘膜やおりものの異常の改善や膣粘膜が委縮して起こる委縮性膣炎等の改善を図る事が出来ます更にその他の病気の予防にも効果が有りアルツハイマー病骨粗鬆症等の発症予防にも効果が有るとされております

ホルモン治療の副作用

費用ホルモン治療はホルモン剤等の薬剤投与が行われる治療方法ですので何らかの副作用等が起こる可能性が高いです勿論医師の診断等に元ずいた薬剤の投与になりますが事前にどの様な副作用の可能性が有るのかを把握しておき実際に起こる身体の変化には日頃から注意を払っておく事が大切ですホルモン治療を行った場合に考えられる副作用には次の様な物が考えられます女性に多い症状としてはホットフラッシュと言われる物で元来更年期障害の症状ですがホルモン治療を行っている際にも起こる症状ですホットフラッシュは顔や身体が突然カッと暑くなる症状で顔や身体から汗が噴き出す様に出たりします次に生殖器への症状です性器出血やおりもの等の分泌物の増加膣炎等を起こす場合が有ります次に女性に限らず男性でも起こりうる副作用としては血液系への副作用です投与されるホルモン剤に含まれる成分タモキシフェン等によって血液が固まり易くなり足の静脈等に血栓が出来たり出来てしまった血栓が肺に流れていき肺動脈塞栓症起こしたりする場合が有ります更に関節や筋肉への副作用や精神障害等の副作用を起こすケースも有りますとにかく体調の変化には充分に注意を払い気になる症状が有る場合には速やかに医師に相談する事が大切ですこれらのホルモン治療ですがその治療の内容により保険適応の場合と適応外の場合が有ります例えば更年期障害の改善や骨粗鬆症委縮性膣症等の治療を行う場合には保険の適応が認められており治療費や処方箋の費用を合わせても1万円程度が掛かりますが実費としてはその3割負担になりますので安い費用でホルモン治療を受けられます一方保険適応外の場合には医療機関によって変わってきますが初診料検査費用薬代を合わせて月額10万円前後の負担になってきます 

まとめ

ホルモン治療は身体の症状に合わせた薬剤投与が主体の治療になりますその様々な副作用が心配されます治療を開始される前には医師の診察を受け医師から治療方法や薬による副作用等に付いてきちんとした説明を受けご自身でも理解しておく事がとても重要です
これからの時代はホルモンマネジメントサプリでホルモン調整をする時代です。サプリなら気軽に生活に取り入れることができますし、通院の必要がありません。しかも、アンチエイジングなどの様々な効果が期待できます。
治療をする前にホルモンマネジメントサプリを試してみるのもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です